社内恋愛で成功する告白のタイミング!見極めるポイントとは?

恋愛における告白のタイミングって難しいですよね。

特に毎日通わなければいけない会社での社内恋愛・職場恋愛となると失敗した時のリスクを考慮してなかなか告白まで踏み切れないという方も多いと思います。

今回は社内恋愛の告白タイミング、避ける時期についてまとめてみました!

関係を構築したあとで

社内で好きな人が出来て、安易に告白をして玉砕してしまうパターンが意外と多いようです。

まずは相手と親しくなること、しっかりと相手との関係を構築するようにしましょう。

また、親しくなることを意識しすぎて、「タイミングがわからない」「仲良くなりすぎた」といった場合でも大丈夫です。

●気になった人/好きな人に彼女がいる
●友達以上恋人未満の関係からなかなか発展しない

こんな状況でも相手を振り向かせるノウハウが存在すると恋愛コンサルタントの川村大地さんは言いきります。

川村さんは恋愛マニュアル本や恋愛セミナー、大学でコミュニケーション学の講師など心理学を教える活動、テレビやラジオなどのメディアで活動しています。

川村さんは連絡が取れる手段が1つでもあれば、意中の相手を振り向かすことが出来ると言います。
【流れ】
コミュニケーションをとる
→”ある”質問をする
→相手の返事に応じてある行動をする
→相手があなたに恋愛感情を抱く
→相手と結ばれる

川村さんは驚異の90%超えの略奪成功率
だといいます。

残念ながら「ある質問」という部分は明記されていませんでした。

ただ、方法はあるということはわかりました。

気になる方は「逆転恋愛成功プログラム~彼が“あなた”を選んでくれる魔法のノウハウ~」をご覧ください。

詳細はこちら

繁忙期は避ける

繁忙期は告白することは避けましょう。

『こんな忙しい時に何言ってるんだ』とマイナス評価されてしまう可能性もあります。

また、相手がプライベートで忙しい時も同様です。

特に男性は同時に複数のことを進めることを苦手としますので、注意してください。

社内恋愛では繁忙期がいつなのか知ることが出来るのはメリットとなりますので、相手が恋愛モードになれる余裕がある時を狙いましょう。

仕事で失敗した時は避ける

繁忙期と同様に仕事で大きな失敗をしてしまった時なども告白は控えましょう。

仕事でミスをして悩んでいたり、落ち込んでいる時にこちらの付き合ってほしいという要望を伝えても、相手には受け入れる余裕がありません。

そばにいて話を聞いてあげたりして、相手が前向きになってきて余裕が出てくるのを待ちましょう。

どちらかの転勤・離職が決まった時

異動や退職のタイミングでの告白は『振られたら気まずい』というリスクを回避できるのでチャンスとも言えます。

しかし、相手が希望とは違う部署に異動になって落ち込んでいる時は、話を聞いてあげたり、そばにいてあげることに徹しましょう。

人は「安全」「安心」を本能で求める生き物です。

不安になっている場合には安心にさせてあげることで好感度があがります。

プロジェクトが成功した時

プロジェクトが成功した時など大きな仕事を終えた後も告白のタイミングです。

肩の荷が下りたとき、精神的プレッシャーから解放されたことで相手にも余裕ができますし、恋愛に対しても前向きになれるタイミングだからです。

まとめ

告白していいタイミングとしては

・相手が大きな問題を抱えていないとき

・相手が前向きになっているとき

そして、避けるタイミングは

・忙しいとき

・相手に余裕がないとき

です!

相手の仕事の状況や立場を考慮しつつ、タイミングを見計らって告白してください^^

関連記事はこちら

>>優しい男が意外とモテない理由は?告白のベストタイミングとは?

満足度97%の超人気の占い!

【おすすめのポイント】
●新規登録で最大30分クーポンプレゼント!
●ユーザー満足度が驚異の97%!
●1分100円~のリーズナブルな料金!
●在籍占い師が国内最大級なのでピッタリの占い師が見つかる!
●公開されている口コミ・評判で信頼できる占い師にお願いできる!
など

人気占い師は2,000人以上と国内最大級で、タロット、カードリーディング、チャネリング、霊視・霊感など好きな占い方法を選ぶことが出来ます。
恋愛や人間関係、仕事、子育て、様々な人生相談、気になる未来の透視など、どんな悩みにも対応!

The following two tabs change content below.

ブログ管理人

以前から人の心理に興味があり、学生の頃は社会学・心理学・教育などを勉強。OLを経験した後、ワーキングホリデーでカナダ1年・オーストラリアに2年滞在。恋愛には熱くならないタイプ。 自分があまり持たない恋愛の悩みに興味を持って調べていくうちに、記事にするようになりました。お役に立てれば幸いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »