職場社内恋愛の男性の脈ありサイン!プライベートな話が鍵?

Sponsored Links

職場恋愛・社内恋愛は『もしも振られてしまったら気まずい』という気持ちから堂々とアプローチしづらかったり、躊躇してしまう人も多いようです。

しかし、それでも社内に好きな人ができた場合、自然と他の人とは違う行動になってしまうものです。

今回は職場・社内において男性が好意を寄せる女性に送る脈ありサインについてご紹介したいと思います!

よく目が合う

『よく目が合う』のは脈ありサインとして有名ですが、社内の場合は他の社員の目もあるので学生時代ほど分かりやすくないかもしれません。

なんとなく視線を感じて見たら、遠くの方から見ていて、視線を逸らされたというパターンというのが一般的に多いようです。

用がないのに近くにいる

業務上直接関わりがないのに職場の男性があなたの近くによくいるなんてことはありませんか?

あるいは、席を立つタイミングが一緒ということはありませんか?

自分に気づいてほしい、接点を作りたいと自分をアピールしているのかもしれません。

プライベートな話が多い

職場が同じというと仕事に関する会話が多くなるのが自然です。

しかし、好きな女性については相手のことをもっと知りたい、共通点を知りたいという思いからプライベートな質問や話が多くなります。

ただし、仕事を円滑に進めるためのコミュニケーションというケースもあります。

ここでのポイントは男性自身が自分のプライベートを打ち明けているかどうかです。

好きな人のことを知りたいのはもちろんですが、好きな人には自分のことも知ってほしいですよね?

食事や飲み会に誘ってくる

社員同士のコミュニケーションのための飲み会ではなく、小人数の飲み会や二人きりでの食事に誘われることが複数回あるようなら脈ありサインのパターンと考えていいでしょう。

ここでの会話の内容もプライベートな話が多いのか、仕事の話が多いのかチェックしてみてください^^

何かとフォローをしてくれる

仕事でも仕事にあまり関係なさそうでも、好きな女性が大変そうだったリ、困っている時には助けてあげたいと思うのが男心です。

本当に困っている時にだけ、あるいは彼に余裕がある時にだけ助けてくれるのはただの親切という可能性もありますが、あなたが頼んでいないのに男性が気づいて助けてくれたり、あなたのために最後まで残業を手伝ってくれるようなら脈ありサインの可能性が高いでしょう。

帰りのタイミングがよく一緒になる

偶然を装って好きな人と距離を縮めやすいのが『帰り道』じゃないでしょうか?

しかもその流れで『ご飯食べていかない』『一杯飲んでいかない』と言いやすくもなります。

同じ職場で同じ業務内容をしていても、いつも帰りが早い人もいれば、いつも帰りが遅い人もいますよね。

そんな中、よく帰るタイミングが重なるという場合には、好意のサインの可能性が高いでしょう。

飲み会で必ず近くの席にいる

社内の行事で飲み会が開かれることってありますよね。

好意を寄せる女性とは話したい、話さなくても近くにいたいと思うものです。

その後の二次会、三次会も男性があなたの席の近くにいるようなら好意のサインでしょう。

無理にお酒を飲ませない

好きな女性に対しては気遣うので無理に飲ませようとはしません。

自分のペースで楽しんでもらいたい、無理やり上司に飲まされているなら助けてあげたいと『おかわりする?』『お水もらおうか?』という風に優しく気遣ってくれたり、さり気なく新しいおしぼりやお水を頼んでくれたりします。

ただお酒を進めて酔わせようとするような人は注意してください。

さいごに

社内恋愛ではリスクが大きいと慎重になりがちです。

仕事上だけの付き合いだけなのか、好意があるのかは知るにはプライベートな話が多いのかどうかですね!

しかも彼自身のプライベートを打ち明けているかどうかもチェックするといいですね。

職場の男性に好意があるようでしたら、脈ありサインを見逃さないように彼の行動を思い返して、よく観察してみてください。

少しでもオフィスラブ成就の参考になれば幸いです^^

The following two tabs change content below.

ブログ管理人

以前から人の心理に興味があり、学生の頃は社会学・心理学・教育などを勉強。OLを経験した後、ワーキングホリデーでカナダ1年・オーストラリアに2年滞在。恋愛には熱くならないタイプ。 自分があまり持たない恋愛の悩みに興味を持って調べていくうちに、記事にするようになりました。お役に立てれば幸いです。
Sponsored Links
最後までご覧頂きありがとうございます!
よろしければ...
お願いいたします!!
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »