母性本能をくすぐる男を目指す人へ!モテる男のための恋愛術!

Sponsored Links

母性本能をくすぐる男を目指すには

男からみれば、男らしくもなく、甘えん坊で女癖が悪かったり、

経済力もなく、ダメ男にしか見えないようなろくでもない男が

なぜかモテたりすることはないでしょうか?

そして、それらの男性を母性本能をくすぐる男といったりしている。

ろくでもないやつなのにモテたりする...。

では母性本能をくすぐる男の魅力はなんなのでしょう?

ずばり、子どものような純粋さが魅力なのだそうです。

ある意味では子ども染みているとかきかん坊といった風に感じるかもしれません。

ですが、そんな子どものような精神に魅力を感じる女性が結構いるものです。

では、母性本能をくすぐる男になることを目指すには

どうしたらいいのでしょうか?

金や地位を得るために必死にならない

趣味やスポーツ、勉強などに価値や生き甲斐持つことです。

強い感受性を持つ

ものごとに感動して一喜一憂するような感受性の強いことです。

一喜一憂する姿が女性の目には可愛く映ったりするものです。

適度に不器用

不器用すぎるのでもなく、何事もそつなく出来るのではなく、

少し不器用であるのがちょうどいいそうです。

本当に何にも出来ないと幻滅されてしまう可能性が高く、

逆に何でも出来てしまうと子供のような純粋さはないですよね?

周りからみていてウブだなと程度が良いようです。

隠れた才能を持っている

まだ、誰からも認められてはいないが、開花するような何らかの才能があることです。

といっても大きなことではなく、女性の前ではすごいけど、

人前では緊張して上手くできないとか、女性からみてもっと評価されていいはずなのに

過小評価されているなと思わせるような能力を言います。

ある評論家はこのような四つの項目で、

より多くを満たしていると母性本能をくすぐる男に近づける可能性が高いと言います。

ではどのような女性が母性本能をくすぐられやすいタイプなのでしょうか?

それが以下になります。

世話焼きタイプ

世話焼きタイプの女性には子ども好きが多いのでその点で見分けましょう。

面倒見のいい庶民派の人

おしゃれなイタリアンやフレンチレストランよりも庶民的な大衆居酒屋が好きというタイプは、

自分と他人の境界があいまいで、他人のことも自分のことのように心配したり、

喜ぶような人が多いそうです。特に、姉御肌でリーダーになれるような女性は

母性本能が強い傾向があるそうです。

女々しいと思われずに、一旦認められれば、可愛がってもらえることが多いようです。
他には、似た者同士のお嬢様タイプや高学歴で芸術や文化に関心の高い知的タイプも意外と母性本能が強かったりするようです。

逆に合わないタイプとしては、向上心や上昇志向の高いがんばり屋タイプとギャルは、

母性本能をくすぐるような男性とは合わないでしょう。

最後に

もし、母性本能をくすぐるような男性になりたかったら以下のことを意識しましょう。
男らしくするという観念を捨てる

少年の心を意識する

相手の顔色から許容範囲を見極める

これは、やりすぎると軽蔑されるという範囲を読み取ることが大切です。

管理人おすすめの男性向け会話術教本はこちらです!


【おすすめの人】
●共通の話題がない
●何を話していいかわからない
●面白い会話ができない
●女性が警戒心をもっている
●女性がものすごい美女
●男性として見てもらえていない

どんなシチュエーションでも「あなたと話してみたい」と思わせる会話術を習得できます。

どの女性も外見や体系、ステータスではなく「本当の自分」を見てくれる男性、「本当のわたし」を理解してくれてる男性を求めています。

「離婚する夫婦の多くは会話の時間が減っている」と言われるほど、会話というコミュニケーションは大切です。

マインドコントロールの手前までいく、男性向けの恋愛に特化した会話術の教科書となっています。

▼【特別版】美女を落とすための会話術~マインドコントロールの一歩手前まで▼

詳細・窓口はこちら
The following two tabs change content below.

ブログ管理人

以前から人の心理に興味があり、学生の頃は社会学・心理学・教育などを勉強。OLを経験した後、ワーキングホリデーでカナダ1年・オーストラリアに2年滞在。恋愛には熱くならないタイプ。 自分があまり持たない恋愛の悩みに興味を持って調べていくうちに、記事にするようになりました。お役に立てれば幸いです。
Sponsored Links
最後までご覧頂きありがとうございます!
よろしければ...
お願いいたします!!
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »