一目惚れのメカニズムと第一印象の決まる速さ

Sponsored Links

第一印象の速さ

初対面の人への第一印象は、ものすごい速さで決まってしまうのをご存知でしょうか?

ある実験では見知らぬ人の顔写真を見せたところ、

わずか0.1秒でその日とに対する評価が下されたという結果が出ています。

他の実験でも5秒ほどの短いビデオを見て、

その人に対する評価が決まるという結果も出ています。

面接試験でも初めの2~3秒で印象が決まってしまうとも言われています。

こんなに早いと恐ろしいですね...

第一印象の大切さを改めて感じますね。

では、この一瞬で恋に落ちてしまう”一目惚れ”とはどういうことなのでしょうか?

それが今回のテーマです!

一目惚れのパターン

プロトタイプ理論

あるルックスの人はこういう性格という公式が頭の中にあることはありませんか?

例えば、七三の髪型でメガネの人は真面目そうだとか、

坊主でサングラスの人は怖そうだとか、それがプロトタイプ理論です。

”こんな感じのルックスの人ならこういう人だ”ということを勝手に当てはめて

恋してしまうということですね。

好みのタイプと重ねる

すでに自分の頭の中にある好みのタイプと、目の間にいる人が近ければ近いと、

恋に落ちてしまいます。

すでに自分が持つ好みのタイプと重ね合わせることになるので、

好き嫌いを瞬時に判断できることができるのです。

理想化

通常はいくら外見が良くても性格が悪そうだと思えば、好きにはならないでしょう。

しかし、恋愛感情では人は勘違いを起こしやすく、

外見しか見ていないのに性格まで勝手に推測してしまうのです。

ルックスが好みだと性格まで理想化し、”ルックスが好み”=”性格も好み”

と勘違いを起こし、運命の人と思い込んでしまうのです。

転移

心理学である人に対する感情が別の人に向けられることを転移と言います。

一目惚れでは、過去に好きだった人に似ている部分があったりすると、

かつての愛情が甦ってきて、目の前にいる似ている人にその愛情が

向けられることがあります。

転移を受けて好きになられた側からすると、辛いですね...

つまり...?

ここまで読んで気づいた方もいらっしゃると思いますが、

一目惚れは勘違いから始まっています。

一目惚れが多く、続かない恋が多いという方は

”勘違い”ではないかと見直すのもいいかもしれません。

しかし、一目惚れだけでなく、すべての恋が勘違いから始まるとも言われています。

例えば、こんな人だとは思わなかったとか、裏切られたという経験はありませんか?

それは自分が、この人はこういう人だと思い込んでいるにすぎないということなのです。

ここで大切なのは、恋は勘違いであるということを知っておくことなのだそうです。

自分が思っていたこととは違う相手の一面を見たときに、

『裏切られた』と思うより、こんな一面もあったのねと思えることが大切なんだそうです。

The following two tabs change content below.

ブログ管理人

以前から人の心理に興味があり、学生の頃は社会学・心理学・教育などを勉強。OLを経験した後、ワーキングホリデーでカナダ1年・オーストラリアに2年滞在。恋愛には熱くならないタイプ。 自分があまり持たない恋愛の悩みに興味を持って調べていくうちに、記事にするようになりました。お役に立てれば幸いです。
Sponsored Links
最後までご覧頂きありがとうございます!
よろしければ...
お願いいたします!!
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »