婚活男性必見!結婚条件の経済力をカバーするはコミュニケーション力?

こんにちは。

今回は大橋清朗さんの『また会いたくなる人 婚活のためのモテ講座』を読んだことをシェアしたいと思います!

婚活をしている人、結婚を望んでいる方に向けた内容になっていますので

そういった方々やそれに限らず新しい出会いがあった時に好印象を与えるための参考になれば幸いです^^

また会いたくなる人 婚活のためのモテ講座 [ 大橋清朗 ]

created by Rinker

経済力をカバーできるのは”コミュニケーション力”

20代の恋愛や結婚は『好きだから』という理由でお金をあまり気にすることなく、

若さや勢いで突き進むことができます。そんな淡い思い出はありませんか?

(ちなみに私は皆無ですがw)

しかし、30代になると、女性にとって相手の『経済力』は、とても重要な要素になります。

経済力の高さ=人間力の高さ との見方もあります。

経済力の高さが社会への貢献度の高さを意味しているのです。

女性たちが求める経済力のラインに年収約600万円というのを耳にすることがありますが、

実際には東京在住の25~34歳の独身男性で平均年収が600万円以上の人の割合はわずか3.5%だったそうです。

こんなに少ないんです!数値化すると驚きですね!

そして、この少ない男性をめぐって女性たちは自分磨きをしたり、努力しながら争っているわけです。

複数の女性たちが自分を手に入れるために頑張ってくれるなんて嬉しい状況ですよね。

そんなこともあって、年収が高い男性は早めに結婚していることが多いのです。

だからといって、経済力が少ない男性でも結婚している方々ももちろんいます。

そんな彼らはどんな奥の手を持っているのか気になりますよね!

彼らの多くは少ない経済力をカバーできるコミュニケーション力』を持っています。

これを踏まえると、男性は『経済力』『コミュニケーション力』をレベルアップすると、より結婚に近づけると言えます!

婚活マーケティングを怠らないこと!

婚活で成果を出している方は『マーケティングがよくできている』と作者の大橋さんは言います。

「自分」という商品を理解し、それを売り込む「相手」の分析や絞り込み、対策ができており、「結婚」という目標に確実に近づいているのです。

逆に成果を出せずにいる方は、自分を磨くことを意識せず、相手への希望や願望が漠然としがちで、

自分の売り方や相手のニーズを理解していないことが多いのです。

婚活をしている方の中に同年代以上の未婚の相手では、いい人はもういない気がするという悩みをお持ちの方が多いそうです。

イメージしやすいことだと思います。

自身の年齢が上がっていくと、理想の異性とのマッチングが難しくなっていくのは事実です。

逆に年下は未婚者が多いので、理想の相手が残っている可能性があります。

しかし、自分より年下の同性の人たちも狙っているので、必然的にライバルは多くなります。

そのためには、それに勝てる魅力が必要になります。

それでも年下を狙うのであれば、とくにかく出会いの数をかせぐ」「完成品を求めない」「少々物足りなくても自ら育てる」といった戦略が大切です。

そして、やはりここでも大切なのが、「自分」という商品を理解することと、「相手」の分析ですね!

さいごに

婚活に限らず、多くの恋愛マニュアル本で言われているのが『分析すること』ですね!

復縁したい場合には、破局に至った本当の理由を知ることだったり、

好きな人の心を掴むためにも相手がどういう人間性なのか理解しなければなりませんし、

この『分析』という部分は疎かにはできませんね。

逆にこの『分析』さえしっかりとできるようになれば、恋愛だけでなく、人間関係で困ることはなさそうですね^^

満足度97%の超人気の占い!

【おすすめのポイント】
●新規登録で最大30分クーポンプレゼント!
●ユーザー満足度が驚異の97%!
●1分100円~のリーズナブルな料金!
●在籍占い師が国内最大級なのでピッタリの占い師が見つかる!
●公開されている口コミ・評判で信頼できる占い師にお願いできる!
など

人気占い師は2,000人以上と国内最大級で、タロット、カードリーディング、チャネリング、霊視・霊感など好きな占い方法を選ぶことが出来ます。
恋愛や人間関係、仕事、子育て、様々な人生相談、気になる未来の透視など、どんな悩みにも対応!

The following two tabs change content below.

ブログ管理人

以前から人の心理に興味があり、学生の頃は社会学・心理学・教育などを勉強。OLを経験した後、ワーキングホリデーでカナダ1年・オーストラリアに2年滞在。恋愛には熱くならないタイプ。 自分があまり持たない恋愛の悩みに興味を持って調べていくうちに、記事にするようになりました。お役に立てれば幸いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »