女は男を映す鏡?彼を虜にする愛される女になるために必要なこと!

Sponsored Links

今回は立川ルリ子さんの『どんな彼でも自然とあなたに恋する本』を読みました。

男心をつかむにはあることが大切だといいます。

あることとは何なんでしょうか?

ではいってみましょう!

気のない彼、無理めな彼、マンネリな彼、どんな彼でも、自然とあなたに恋する本【電子書籍】[ 立川 ルリ子 ]

created by Rinker

男性にとって女は男を映す鏡!

男性は「自分が何かをした結果、成果や影響力が出た」と感じられて、

はじめて「オレ、なかなかやるな(=うれしい)」と思います。

リアクションのいい女性が好かれる理由もここにあります。

そういった女性に男性は居心地の良さを感じるのです。

これを著者の立川ルリ子さんは「鏡のルール」といい、あなたという鏡に、カッコいいオレが映っている」のだといいます。

例えば、女性を喜ばせることができるオレ、優しいオレなどです。

あなたの鏡にかっこよく映る彼を見せてあげることで彼を幸せにしてあげましょう。

なので、「彼の目に私が素敵に映っているか」は気にしなくていいのだと言います。

男ごころを気持ちよくさせ、男としての自信をつけさせてあげるためのキーワードがあります。それがこちら!

1.認めてほしい、わかってほしい

良いところも悪いところもそのままの自分を受け入れてほしいも思っています。

なので、彼の言動を否定せずにそのまま受け入れる聞き手上手を目指しましょう。

もしも、彼と違う意見だったりした場合、「こうしたら?」「私はそうは思わないけど」といったこちら側の意見や感情などは一切いれずに「そうなんだね」と受け入れるだけでいいのです。

2.存在意義を感じたい

男性は『影響力を発揮したい』と思っており、自分は役に立っている、必要とされているということを感じたいのです。

会話の中に『あなたのおかけで○○できました』など『あなたの話や考えから影響を受けました』と盛り込むと男性は心地よくなります。

3.ステイタスを感じたい

『あなたは誰よりも優れている』特別だと伝えることで男性にステイタスを感じさせてあげましょう。目指すは持ち上げ上手です!

そして注意したいポイントは彼がしてくれること」と「私の価値」は別ものということ。

つまり、彼が高価なプレゼントをくれたのは私が魅力的だからとか、彼がくれたプレゼントがいまいちだったのは私に魅力がないから判断するのは間違いです。

あとで後悔しないためにも早まった判断をしないように気を付けましょう。

さいごに

男性を喜ばすためには、女性が良い”鏡”でいることが大切だといいます。

そして、男性にこうしてほしい、ああしてほしいという見返りを求めるのではなく、

『したいからする』という心構えでいるようにすることも大切だと述べています。

ぜひ参考にしてみてください。

管理人おすすめの【女性向け】モテる恋愛術マニュアルです!


恋愛カウンセリングで実績を出し続けている高橋ひろみさんの恋愛の秘訣を知ることができます!

【こんな人におすすめ】
●今まで恋愛に縁がなかった
●一度くらいモテてみたい
●パートナーが欲しい
●好きな人を振り向かせたい
●好きな人との友達歴が長すぎて、どうしていいかわからない

このマニュアルでは、恋愛に対する考え方やテクニック、男性の気持ちなどが理解できるように分かりやすく書かれています。

このマニュアルの大きなメリットは全額キャッシュバックキャンペーンも実施していることです。

「恋愛の魔法」は知りたいけど、どうしようかな?と悩む方もお試し感覚でも申し込むことができます。

23年間まったく男に相手にされなかった負け組女が、たった半年で13人の男性に告白された!究極の恋愛術!

▼【モテない女からモテる女へ~5分で男に恋をさせる魔法~】▼

詳細・窓口はこちら

The following two tabs change content below.

ブログ管理人

以前から人の心理に興味があり、学生の頃は社会学・心理学・教育などを勉強。OLを経験した後、ワーキングホリデーでカナダ1年・オーストラリアに2年滞在。恋愛には熱くならないタイプ。 自分があまり持たない恋愛の悩みに興味を持って調べていくうちに、記事にするようになりました。お役に立てれば幸いです。
Sponsored Links
最後までご覧頂きありがとうございます!
よろしければ...
お願いいたします!!
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »