男の心に響く上手な叱り方とほめ方!可愛いわがままはうざいだけ?

Sponsored Links

前回、倉田真由美さんの『いい男には恋のルールは通じない!本命の彼とうまくいく方法』について記事を書きました!

それが書ききれなかったので今回も引き続き、ご紹介したいと思います^^

【中古】 いい男には恋のルールは通じない! 本命の彼とうまくいく方法 / 倉田 真由美 / 青春出版社 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

created by Rinker

前回の記事はこちら!

>>モテる男の心を揺さぶる必殺技とは?嫉妬させるのは逆効果?

いい男には可愛いワガママは通じない

『かわいいわがままは許される』こんな言葉もあったりしますが、これも女の武器として通じるのは普通の男だけ。

いい男には面倒くさがられたりウザがられたりして、通用しません!

なぜなら、いい男は普通の男とツボが違うからです!!

『1時間でもいいから会いたい』

かわいいわがままだと思ってくれるのは普通の男だけだと思っておきましょう。

また、女性男性に関わらず、付き合ってて重い人ってあまり、長続きしないイメージがありますよね。

自分では全くそんなつもりはないけど、恋愛がなかなか続かない人の中には『やんわり重い』というタイプも嫌厭されます。

例えば、仕事が終わってから食事デートに行く約束をしていたとします。

彼から『残業で遅れる』と連絡があったものの、2時間待つことになってしまい、会ったときに『2時間待たされて寂しかったな』と言ったとします。

言い方などにもよるとは思いますが、この中には可愛さも感じられますよね。

でも、そう捉えられないこともあります。

なぜなら、仕事だからしょうがないじやないかと思っていたとしても彼は『ごめん』と謝るしかありません。

謝罪をさりげなく強要させられているような状況となるわけです。

たとえ、女性が責めたつもりでなくても、男性からすると責められていると感じます。

相手に『ごめん』と言わせるような言動は重いのです。

ちょっとずつ積み重なっていったら、『またか』とうんざりしてしまいます。

なるべく『ごめん』と言わせないようにしましょう。

男を褒めるとき・叱るときの注意点

『僕が間違ったときちゃんと叱ってほしい』と考える男性て意外と多いそうです。

しかし、叱る時にはちょっとしたポイントがあります。

それはコンプレックスに感じていない部分を叱る』ということ。

地雷をよけながらツボを踏むということです!

コンプレックスを感じている部分を突いてしまうと、男性のプライドを傷つけてしまうことになります。

男性はコンプレックスの生き物とも言われていますからね。

少々面倒くさくも感じますが、欠点を上手く突くことができると、『ちゃんと理解してくれてるんだな』と思ってくれるはずです。

そして、褒めることも大切です。

ただし、これもポイントがあって、『褒めてほしいところを褒める』ということ!

なかなか気づかれないけど、実は良いところを拾ってあげましょう。

気づいてくれた!理解してくれてる!思わせたら好感度が上がること間違いないでしょう。

さいごに

『いい男には恋のルールは通じない!本命の彼とうまくいく方法』を読んでみて、フツーの男には通じるけどいい男には通じないこと、

いい男にはこうした方がいいということが具体的な例と共に書かれていて、おもしろかったです^^

ぜひ読んでみてほしいなと思う一冊でした!

気になる方は読んでみてください。

前回の記事はこちら!

>>モテる男の心を揺さぶる必殺技とは?嫉妬させるのは逆効果?

管理人おすすめの【女性向け】モテる恋愛術マニュアルです!


恋愛カウンセリングで実績を出し続けている高橋ひろみさんの恋愛の秘訣を知ることができます!

【こんな人におすすめ】
●今まで恋愛に縁がなかった
●一度くらいモテてみたい
●パートナーが欲しい
●好きな人を振り向かせたい
●好きな人との友達歴が長すぎて、どうしていいかわからない

このマニュアルでは、恋愛に対する考え方やテクニック、男性の気持ちなどが理解できるように分かりやすく書かれています。

このマニュアルの大きなメリットは全額キャッシュバックキャンペーンも実施していることです。

「恋愛の魔法」は知りたいけど、どうしようかな?と悩む方もお試し感覚でも申し込むことができます。

23年間まったく男に相手にされなかった負け組女が、たった半年で13人の男性に告白された!究極の恋愛術!

▼【モテない女からモテる女へ~5分で男に恋をさせる魔法~】▼

詳細・窓口はこちら
The following two tabs change content below.

ブログ管理人

以前から人の心理に興味があり、学生の頃は社会学・心理学・教育などを勉強。OLを経験した後、ワーキングホリデーでカナダ1年・オーストラリアに2年滞在。恋愛には熱くならないタイプ。 自分があまり持たない恋愛の悩みに興味を持って調べていくうちに、記事にするようになりました。お役に立てれば幸いです。
Sponsored Links
最後までご覧頂きありがとうございます!
よろしければ...
お願いいたします!!
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »