略奪愛のルールと心得!小細工なしで彼を手に入れ成功する方法とは?

Sponsored Links

こんにちは。

今回は『略奪愛のルール 彼の「いちばん大切な人」になるために』(著者:家田荘子さん)を読みました。

「略奪愛」というとあまりいいイメージはありませんよね?

正直私は「無理やり奪う」「汚い手を使う」「ドロドロしてる」といったイメージを持っていました。

しかし、この『略奪愛のルール』では『気づいたら略奪していた』という結果と言い訳がベストと述べています。

なので、ここでご紹介するのは汚いテクニックなどではなく、

どうしたら「彼のいちばん大切な人になれるのか」ということです!

【中古】略奪愛のル-ル 彼の「いちばん大切な人」になるために /大和出版(文京区)/家田荘子 (単行本)

略奪愛のテクニック

高級交際クラブの女性たちの素直さをまねよう

高級交際クラブの会員として所属する女性たちは美や語学など自分磨きを頑張るそうです。

ここで重要なのは、男のためでなくあくまでも自分のために努力しているという点です

彼女たちは2番目の女だとしても、男性たちを虜にします。

お金もかかりますが、彼女たちは自分を磨くためにすぐに行動します。

頑張っている人特有の美しさも出てきますし、

自分磨きの大変さを知っている女性たちは優しい性格をしている人も多いそうです。

また、欲しいものがあっても物をねだらないそうです。

彼といるだけで幸せだと心から表現し、お小遣いやプレゼントを貰ったときには

心から喜んで「ありがとう」を言います。この素直さは必須です。

また、相手を受け入れる素直さだけでなく、

自分のいいところも悪いところも素直に受け入れることも重要だといいます。

略奪愛の心得やルールとは?

出会った時、彼にはすでに彼女や妻がいるというパターンて多いですよね。

素敵だなという魅力がある人は他の人からもモテるでしょうし、

タイミングよく独り身である方が少ないかもしれません。

しかし、恋愛感情がなくなっているのにダラダラと関係を続けている男性も中にはいるようです。

女性の場合は、案外別れると決めたらスパッと会わないようにする人が多いですが

男性の場合は好きでなくてもなかなか女性を手放したがらないそうです。

なのに新しい女性との出合いを待っていたり。。。

だからこそ、出会った男性がフリーでなかったとしても彼の心に入っていける余地があるのだそうです。

「彼女いるの?」と聞いて、「いない」と答えたとしても内々に調査はした方がいいと言います。

意外と「いない」と嘘をつく男性もいるそうです。

いいなと思った男性にすでにライバルがいた場合の略奪愛のルールを簡単にご紹介したいと思います。

常に彼に刺激を送り続ける

新入りとしての強みは『新鮮さ』です。

わがままで可愛い女になりましょう。

彼が許せる範囲内のわがままで、わがままを言ったら必ずフォローをし、さりげなく彼に気を配りましょう。

あくまでも主導権は自分

会う約束をとりつける際に、毎回彼のスケジュールに合わせたりなどしていたら、

セカンドポジションを確立させてしまいます。

前からいる彼女の立場を後退させ、彼から遠ざけることが目標となることをお忘れなく!

常に笑顔、嬉しいという気持ちは少しオーバーめにリアクションする

会えるのをすごく楽しみにしていたということが伝われば、彼もいい気分になりますよね。

俺がいないとダメなんだと思わせる

何もできない、可愛い女を演出し、甘えているフリをするのです。

例え、小さなことでも頼りにされるということは男にとって嬉しいことです。

やってもらったらしっかり喜び、彼を褒めるようにしましょう。

彼の心のよりどころになる

女性に比べて男性はプライドが邪魔をして悩みや苦しみを誰にも言えない傾向があります

この時は母親のように受け止める女性になり、ただ話を聞いてあげたり、

じっとそばにいてあげたりして、彼が甘えられる場所になれば必ずあなたの元に戻ってきます。

他の女のことは詮索しない

やってはいけないこととしては男性のケータイをチェックすること!

そんなことをしても自分の価値を下げるだけです。

また、男性に他の彼女とのことについて「いつもどんな話してるの?」「どんなことしてるの?」などと聞いて詮索する必要はありません。

他人のことを考える前に自分のことを考えましょう。

自分だけの魅力をアピール

あなたには他の女にはない魅力があるはずです。

「どうして私のことが好きなの?」など可愛く彼に聞き、彼女とは違う自分にしかない魅力を磨きアピールしましょう。

「奥さん(彼女)に悪いわ」は言わない

「奥さん(彼女)に悪いわ」と言わないこと!

そもそも、本当に申し訳ないと思っていたら、身を引くはずです。むしろ、本当に悪いのは彼です。

略奪を狙うのであれば現状を認め、堂々とするしかありません。

略奪という状況は、マイナスイメージです。

心にないことは言わない、嘘をつかず、いいかげんではなく誠心誠意、対面する姿勢でいましょう。

周りから攻める

いつまでも内緒の関係では、本命にはなれません。

周りの人たちに認知してもらうために、周りから少しずつ攻めていきます。

「ここだけの話、○○さんと付き合ってるの」「内緒だけど私の彼って○○さんなの」と、付き合っていることを広めていきます。

内緒と言われると人は話したくなる傾向があるので広まっていきます。

そして、容認の数が多くなれば彼も一人一人に否定はできなくなるでしょう。

こうして、認知されている状況であることを彼に認めさせます。

すると、二股がバレ、他の女が何かアクションを起こし、男は選択を迫られることになります。

ここで、周りに味方がいるあなたが勝利する可能性があるのです。

「どっちをとるの?」は言わない

略奪したい彼と親密になったのに、彼はまだ彼女と別れられない、そんなとき、
「どっちをとるの?」と言いたくなるかもしれません。

しかし、これは言わないようにしましょう。

なぜなら理想の形は気づいたら略奪してたという形だからです。

男に選択させる必要があります。

責任を取りたくない男は、言ったら別れてくれるであろう女性に「もう一人好きなこがいて別れられないんだけどどうしよう?」

と話を持ちかけてくることがあります。

それを、あなたが言われてしまった場合、「2番目でいいから!」とは絶対に言ってはいけません。また、自分から別れるとも言わないこと。

伝えなければならないことは

あなたのことが好きということと、これからも好きだけど、いったんは身を引きますということ。

そして「ただ、『ただ待ってる』と言ってしまうと「いつ戻ってくるの?」「いつ会えるの?」と追い込みたくないから言わないけど、

彼女と別れたらいつでも連絡してこれるよ」という内容を自分の言葉で伝えましょう。

待ってるという言葉は使ってないですが、そういうことですよね。

この間はこちらから連絡をしたり、他の女と別れたという以外にはメールは無視です。

自由に好きなことをしましょう。

本当に彼があなたを必要としてるなら、他の女との関係を絶ってあなたを取り戻したくなるはずです。

私からは10個ほどルールをご紹介しましたが、著者の家田さんはルールを19個挙げています。

詳細をもっと知りたい方は本屋さんや図書館で『略奪愛のルール』をゲットして読んでみてください。

さいごに

『気づいたら略奪しちゃってた』体に持っていくためのルールを

私なりにまとめさせて頂きました!変に他の女性を陥れるような小細工なしでという点ではいいなと思いました。

ただ、略奪したらいつか自分も略奪されるのではないかという恐怖や不安も出てくる可能性もありますよね。

なので『略奪しようと思わないで略奪する』という気持ちで奪いましょうと、家田さんも述べています。

管理人おすすめの【女性向け】略奪愛成功マニュアルです。


なんといってもおすすめポイントは驚異の90%超えの略奪成功率!!

それも彼の方からあなたを選ぶようになるプログラムです。

●気になった人/好きな人に彼女がいる
●友達以上恋人未満の関係からなかなか発展しない
●離婚すると言ってくれてるけど、離婚してくれていない

こんな状況でも彼を振り向かせるノウハウを伝授するのは恋愛コンサルタントの川村大地さん。

恋愛マニュアル本や恋愛セミナー、大学でコミュニケーション学の講師など心理学を教える活動、テレビやラジオなどのメディアで活動しています。
容姿や会話の得意・不得意、恋愛経験は一切関係ありません!

川村さんは連絡が取れる手段が1つでもあれば、意中の相手を振り向かすことが出来ると言います。

【流れ】
コミュニケーションをとる
→”ある”質問をする
→相手の返事に応じてある行動をする
→相手があなたに恋愛感情を抱く
→相手と結ばれる

ステップはたったこれだけなんです。

罪悪感を抱く必要もありません。

彼があなたを選ぶだけのことです。

▼ 逆転恋愛成功プログラム~彼が“あなた”を選んでくれる魔法のノウハウ~▼

詳細・申し込み窓口はこちら
The following two tabs change content below.

ブログ管理人

以前から人の心理に興味があり、学生の頃は社会学・心理学・教育などを勉強。OLを経験した後、ワーキングホリデーでカナダ1年・オーストラリアに2年滞在。恋愛には熱くならないタイプ。 自分があまり持たない恋愛の悩みに興味を持って調べていくうちに、記事にするようになりました。お役に立てれば幸いです。
Sponsored Links
最後までご覧頂きありがとうございます!
よろしければ...
お願いいたします!!
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »